ズバリおすすめ保険商品は?

○○○保険の変額保険がおすすめだ。
この保険は運用面でかなりの成績を挙げている。
普通の投資信託と比べた場合、株式型の投資信託だと株式が悪くなると必ず下がってしまうが、この変額保険は債権型とか世界株式型とか日本株式型など内容を自分で選べるのだ。
全額同じタイプに突っ込んでもいいし、それぞれ何分の一ずつ配分することもできるのでリスクが少ない。 しかも運用がそこそこいいので、リスクの無い範囲の保険料であれば結構増やすことができるだろう。

死亡保障に関しては300万なら300万円の基本保険金額を必ず保証をしているので、葬式代として加入してもいいし、その場合この変額保険は保険料が一番安いと言える。
しかし、この保険の人気があるのはなんといっても利回りが高いからだ。
一番安全な債券型でも、ここ20年間の平均利回りは年5.5%に達している。

この変額保険は取り扱っている生命保険会社は少なく、日本の大手保険会社の多くが撤退していしまっている。
他社が撤退した理由は、運用の問題と、責任準備金といって、将来お客に支払わなければならないお金を別管理しておかなければならないのだが、それに対応できなかったなどのためらしい。
責任準備金問題

それからイメージの問題もある。
変額保険はバブル時代の頃に色々問題を起こした
終終身タイプは必ず設定金額を約束するから問題なかったのだが、有期の一時払いの変額保険があって、それを相続税対策などの名目で、土地などを担保に銀行から大きな借金をさせて販売したものだから、バブルがはじけて株価がドーンと落ちたことで運用成績が悪化して、保険の受取金額も大きく下がってしまい、地価の下落も重なって銀行へ返済ができない人が続出して大変な社会問題になったのだ。
変額保険と聞くといまだにそのイメージを持っている人が多く、そういったことも他社が撤退した理由の一つなのだろう。
変額保険をめぐるトラブルを詳しく

さて、○○○生命の変額保険がいいという話などは、一般的にはあまり知られていない。
中にはこの保険をと指定してくる人もいるが、そういう人は独自のネットワークを持っていて口コミで情報を得ていたり、経済新聞や経済誌などをよく読んでいて情報収集に長けているもので、一般的な生活をしている多くの人の耳には中々入ってこないであろう。
しかし、生命保険の営業とコミュニケーションをよく取っていれば、このようになにかとお得な情報を入手しやすいのだ。
ぜひとも、よく覚えておいてもらいたい。