入院時の自己負担分について

事故等で大きな怪我などをしたことある人を除けば、若くして入院する人は少ないと思います。
では、病気などで入院した場合、実際にどれくらいの費用がかかるのでしょうか。

サラリーマンなど健康保険組合の被保険者は、現在医療費の自己負担率は30%です。
昔よりは自己負担率は上がりましたが、それでも風邪など軽い症状なら、病院にいっても自己負担額は数百〜数千円程度です。
しかし、入院するとなると健康保険適用対象外の出費が発生し、こちらの負担が多くなります。
入院した場合、医療費の自己負担分にプラスされるのは、入院中の食事代(一部)や諸雑費、差額ベッド代、そして病気によっては先進医療費(先進医療を受けた場合、その医療以外の基礎的な部分(入院料や薬代など)には保険が適用されます。保険給付の対象となっていない部分は差額分として自己負担となります)などがあります。
病室に個室などを希望する場合は差額ベッド代がかかりますが、その額は全国平均で3,000〜5,000円/日、首都圏ではその倍以上となり、入院日数が長引けば大きな負担となります。
参考: 差額ベッド代には気を付けよう

また、健康保険の対象外である最先端の治療は自由診療として、全額自己負担になります。
さらに、長期入院するとなると、仕事を休まなければなりませんので、その間の所得が減少してしまいます(健康保険組合被保険者は、標準報酬日額の3分の2が、最長1年半保障されます)。

これらをまとめると、入院時の自己負担金額は次の式で表せます。
生命保険の医療保険は、基本的にこの自己負担分をカバーするためのものと言えます。

入院時の自己負担金額=
医療費の30%+食事代・諸雑費+(差額ベッド大)+(先進医療費)+所得減少分

参考: 高額療養費制度